FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 私ごと ==

ほんとはね

この時期、去年のことを振り返りながら書きたかったのね。
ココを開設したのが10月半ばだったから。。。

滝さんにチカラもらいながら過ごした2009年夏
忘れてはならないことやから
記しておきたくて・・・

アタシの父のこと

折りたたみます。


いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
嬉しいこと、楽しいこと、ふざけたこと
暗いこと、ツライこと
変らずポチっとしてくださるお心に感謝します

10/01 08:23 下の記事でコメントくださった方へ
ありがとうございます。
自分の親ではない分、余計に先のこと見えないけど
気負らずに、だけどブレずに
無理なく自分らしく進んでいこうと思います。
横アリ、当選したら行けるかな~
今、滝翼に逢えたら・・・いろんな意味で号泣しそうです。
一昨年の春
大病患い手術して、その後もなんとか頑張ってた父
そして再入院したのが昨年の6月

滝JETの当落だの
犬(←オルトロスね)の公式サイトがオープンしただの
滝さんソロ活動祭りのときだった。

積極的な治療はしない方向になった1ヶ月間
できるだけ見舞いに行きながら
無事に滝JETにも乗り
いよいよドラマもスタート

そして次の療養型病院へ転院が決まり
サカスのブースを見にいった足で
父を退院させ同居してる姉の自宅へ

7月半ばから転院した病院は
埼玉のワタシと千葉の姉が無理なく通える中間地点
毎日必ずどっちかが見舞いに行こうね
どうしても行けないときは息子らに行ってもらおうね
誰も行かないことがないようにしよう

あの頃は雑誌祭りだったよな~
もれなく買ってたと思う。オレ(笑)

8月
夏休み真っ只中
毎日病院へ行くのも正直タイヘンで
仕事でどーしても行けそうもない日は長男に託したり
次男の社会科の夏休みの宿題を義経にしたり

月曜日になると亮担ちゃんと犬の数字で一喜一憂
おたがいブログでドラマの宣伝しまくったり
呼ばれないエキストラに応募したり(笑)

そんな中、大量募集だったせいか
亮担ちゃんのケータイにTSさんから電話がっ!

「かけちゃん!犬!!呼ばれた!!!」

オラたちの設定を聞いて
やれ何を着てったらいいのか
一応持ってくパジャマも
「アタシ、黄色にしたから」
「じゃあアタシはナス色で」←そこは村上ぃ~で(爆)
あーだのこーだの盛り上がりながら
始発で出向いた現場でうっかり遭遇した全身黒な男前さんに
すっとこどっこい全開なオレ( ̄▽ ̄;)

にっきどさんはおらんかったけど
「たぁさまに逢えてよかったわ~♪」
友もテンソン高く
滝さんと過ごせた半日は一生の思い出☆

父にもそのこと話したり
そうそう、毎週金曜日になると
父が見てるテレビをTSに合わせてから帰ったっけ(笑)

ヒカリひとつを予約したり
相変わらずの雑誌やテレビや
滝さん一色だった夏の日々。

8月の末から父の容態も厳しくなり
9月頭にある父の誕生日を病室で祝い
徐々に意識レベルも低くなり
姉とこまめに連絡を取り合いながら
見舞う日々

犬も生放送特別番組になったり
正月の革命が2種類になると発表があったり
犬のノベライズ本が発売になったり
手相で絶倫と言われてたり(←滝さん・爆)
犬のフォトブックを舐めるように見たり
届いたヒカリひとつに埋れてみたり(どんなけ買ったんだよ)

9月22日
午前中に病院へ行き
もう会話はできない状態の父に
「じゃ、これから友達に会って帝劇に行ってくるね~」
昼頃、大阪からすば担さんを迎えて
ドリボ夜の部を観劇
すばちゃんの誕生日を祝うことができた

9月23日
仕事が早番だったので
外れた番協に行ってみよっかな~と
猛ダッシュで埼玉から40分で着いたサカス(笑)
人の山に埋れながらもどーにか見えた滝さんの姿
それでもなんか満足で
そこで「見えない」だの「こっちのほうが見えるわよ」だの
ワイワイ喋ったご近所になった方とメアド交換して
帰宅したのが夜9時頃
その一時間後に病院から呼び出しがあった・・・

最寄り駅でちょうど姉に会えて
一緒に駆けつけ、二人で一晩父の横で過ごした。

9月24日
こん睡状態の父
姉と交互に自宅へ戻り
確か「いいとも」に出たんだよね?滝さん
ちょうど見れたと記憶してる。昼に戻ったから
次の日のMステと犬の最終回を録画予約して再び病院へ
途中で簡易ラジオを買い
父の頭を撫でながら聞いてたレコメン

そして翌朝
金曜日だし給料日だし
姉が先に銀行へ行って
交替でアタシが銀行へ行って
戻ろうとしたときケータイがなって
「早く戻ってきて」
走って病室へ戻ったらまだなんとか頑張ってくれてて
その数時間後のお昼前に息を引き取った父

都内の病院から姉の家へ父を連れて帰り
葬儀社の方と簡単な話し合いをして
自宅へ帰宅したとき
Mステやってて
義母が待っててくれて
義母の作ったうどんを食べながら
Mステ滝さんを見ながら
義母に葬儀のこと話して・・・

義母が帰ったあと
犬の最終回が始まって、ぼんやりと見ながら
「タッキーかっけぇ~」
つぶやいた記憶がある。


後悔がまったくないとは言わないけど
悔いなく看病できて
行く予定だったライブも舞台も全部行けて
行きたかったイベントにもエキストラにも行けて

まるで娘のスケジュールを全部把握してたかのように
滝さんのソロ活動が一旦区切りがつくのと同時に
旅立った父

すべてお見通しだったんかな(笑)

なにひとつ忘れることできない去年の夏
しんどい分だけ幸せを感じることができたのは
滝さんのおかげ
決して悲しいだけの記憶じゃない

一周忌
ちゃんとお参りできてよかった
┗ Comment:0 ━ 06:31:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。